新卒夫婦の日常

コロナで内定取り消しになった専業主婦と新卒フリーランスの旦那。夫婦2人暮らしの日常生活を綴ります。

Z世代「専業主婦は絶対いや」は本当か?

訪問ありがとうございます(^_^)

アイハナ(@ai_ha_na)といいます。


自動車学校が忙しくて、あんまりブログを更新できていません( ̄▽ ̄;)
あと寒暖差でだと思いますが、体調を崩しがちです。鼻水がやばいです!



さて、この前、「Z世代は専業主婦は絶対にいやという理由」みたいなネット記事を読みました。


本当に専業主婦はいやなのか?


Z世代かつ現在専業主婦の私が考えてみました。


Z世代の女子は専業主婦はいや?


みなさんは、専業主婦にどんなイメージがありますか?


私の周りに、専業主婦はいとこだけです。


公務員の方と結婚し、いまは子育て中です。


しかし、マイホーム購入をしたので、子供が3歳になったら働かなければならない、と言っていました。


私の場合は、子供もいないので、専業主婦といっても旦那さんのお世話(家事だけ)です。

Z世代って?


そもそも、Z世代ってなんでしょうか?


聞いたことありますか?


Z世代とは、1990年代後半〜2000年代生まれの人だそうです。


特徴としては、小さい頃からデジタル機器に囲まれて育った、デジタルネイティブ


私が携帯を手にしたのは、中学3年のとき。


パソコンはそれより前から使っていました。


中学生のときは、アメブロ・CROOZブログ・ヤプログでブログを書いていました。

たしかに、デジタルネイティブなのか。。。

両立は難しい


記事では、慶応大の女子と明治大の男子にインタビューをしてました。


私の通っていた国立大学のクラスには、早稲田を蹴ってきたという人もいました。


なので一応、記事でインタビューされていたように、難関大卒という視点で話をすすめます。笑



大学の時に、教育実習やゼミで現場にはいったりして、


「これは、ワークライフバランスなんて無理。。。仕事98、家族2とかになる」


と感じました。


朝は5時起きで、弁当作って満員電車通勤、休憩もなく、物理的におわらないから残業して。



帰ったらもう20時過ぎ。こんな時間。



買い物してご飯作って、明日の教案の準備して、、、。



正規の教員は帰れたと思ったら、モンスターペアレントからの呼び出しで家に帰れないとかもあったようです。。。



旦那さんのごはんなんて、考える暇もありませんでした。



一緒に過ごす時間も全然ないから、イライラしてあたってしまったり。


なんかあっという間に一日が終わる。


やりがいはあったんですけど、生活を犠牲にしてまでやりたいかは微妙でした。


男の人や、働いている女の人はみんなこんな感じの生活だろうと思います。



ただ、私はこの生活ならば、プライドは捨てて、アルバイトでもいいから最低限の暮らしの方がいい、、、と思いました( ̄▽ ̄;)


全ての働いている人を、尊敬します。


親も共働き?



記事には親も共働きだったからか、専業主婦は考えられないという意見がありました。


母は、弟が小学校にあがってからパートにでましたが、小さい時はずっと一緒でした。



母の両親が、当時では珍しく共働きで夜遅くまで帰ってこず、幼少期に悲しい思いをしたそうです。


同じ思いをさせたくないということで、私たちの面倒をみてくれました。


私も母がしてくれたように、子供ができたら育児と家事に専念したいと思っています。


周りの女子は?


周りの女子は、大企業はいったり、教員したりしています。


先程いったように、私のように、両立は難しいと思っている子もいました。


旧帝大の友達は、とりあえず大企業はいって、そこで結婚して専業主婦になりたい、と言ってました。


記事内では、高卒で働いている子は専業主婦志向が強いとのことでしたが、学歴とかに関係なく、個人の性格なんじゃないかなぁと思いました。


お金があってもバリバリ働きたいという人もいるでしょうし、人それぞれです。


自分は旦那さんのおかげで選択の余地があったので、ありがたいことだと思っています。


専業主婦だという罪悪感



正直に言うと、働きたい願望はゼロです。ただ、罪悪感みたいなのはあります。


働かなくていい選択肢を持っているなんて、こんなに贅沢なことはない。


世の中仕事が嫌で自ら命を絶ってしまう人もいるなかで、働いても働かなくてもいいという選択肢を与えられている、というだけで贅沢すぎると思います。


教育実習中に、男の子に、家事もやんなきゃなんないから大変だね、と言われました。


でも家事は大きな責任を伴いません。仕事は伴います。
ミスをすれば上司に怒られますし、面倒な人間関係も発生する。


ゆくゆくは専業主婦になれたらいいけどね~と返しましたが、その男の子は働きたくなくても、働かなくてはならない。

ということに気付いて、後悔しました。



ただ、旦那さんになんか申し訳ないというか、、、本当に家事だけでいいのだろうか、、、と悩みはします。(贅沢な悩みすぎる。。。)


自分の年金とか、携帯代も払ってくれていますし、、、。


旦那さんに言うと、働かなくていいから、とにかく家にいて欲しいといいます。
(旦那さんも家にいる仕事です)


かといって、旦那さんが亭主関白な感じではないです。


あと周りに働いていない女の子はいないので、なんで働かないの?と言われます。



現実的に働かなければ、生活ができない場合もあります。


大企業だから一生安泰という時代でもないですし。



私も麻布の妻とかじゃないので、そうなったら働きます。


専業主婦はいや?



両親世代ならば、専業主婦=勝ち組だったかもしれませんが、今はそういう価値観はないのかもしれないです。


私は別に誰とも戦ってないので、勝ち組とか負け組とかどうでもいいですが、、、。


たしかにバリキャリ派の女子からしたら、依存しているみたいで嫌かもしれません。


スーパー専業主婦を目指すとか、専業主婦の中で頑張ろうと思っています。


今は、旦那さんが働きやすい環境づくりと、難しい話も対等に議論できるように、マネーリテラシーの向上を目標に生きてます。


読んでいただいてありがとうございました!

スターやコメント励みになってます☆

読者登録も大歓迎ですので、よければお願いします!

日頃はお金のことや、旅行についてなど書いてます♪

自己紹介はこちら↓

aihanablog.hatenablog.com