新卒夫婦の日常

コロナで内定取り消しになった専業主婦と新卒フリーランスの旦那。夫婦2人暮らしの日常生活を綴ります。

嫁姑問題なし!姑がいない快適な結婚生活

こんにちは☆

アイハナ(@ai_ha_na)です。

 

今日は秋分の日。だいぶ涼しくなってきましたね~♪

昨日、祖母のお墓参りに行ってきました。その後は海に釣りへ。

イワシや小あじを10匹以上釣りました♪

父と旦那さんよりもたくさん釣ってしまいました。。。(笑)

母に煮てもらって、おいしくいただきました。

 

さて、本題ですが、私には姑がいません。

今日は、姑のいない結婚生活の話です。

 

 

 

嫁と姑問題

 

よく、話題になるのが、嫁と姑の問題。

 

そこに旦那が味方をしてくれないだとか。。。よくありますよね。

 

嫁のごはんに細工をしてくる姑だとか、いやがらせをしてくる人もいるようですね。

 

姑(義母)は誰?

 

姑がいないんですが、死別ではありません。

 

旦那さんは、家庭環境が複雑なので、誰が姑にあたるのか、よくわかりません(笑)

 

まずは、セオリー通り、旦那さんのお母さん。

 

あとは、お父さんのいまの奥さんに当たる人ですね。

しかし結婚していないので、内縁の妻ということになります。

 

姑にあたりそうなのは、この二人です。

 

旦那さんのお母さん

 

旦那さんの母親は、離れた場所で一人暮らしをしています。

 

しかし、親権は旦那さんが小学校のときに喪失しています。

 

私は、面識があります。

 

あるどころか、大学生の時は、毎月会ってカラオケにいったりして遊んでいました。

今は、物理的な距離とコロナで全然会えてません。

 

とても明るく、人の悪口なんて言わないようなとても良い人です。

 

ただ浪費癖が激しく、アルコール依存症(現在は克服)、躁鬱病(精神科は退院)、肺気腫です。

 

しかし、優しい旦那さんを産んだ親です。

旦那さん的にも、小さい時のことを思い出したりして、やはり見捨てることはできないということ。(そりゃそうだ)

 

寂しいでしょうから、大学生の時から毎日電話をしています。

寂しさから浪費や、アルコール、タバコにはしってしまうのでしょうから。。。

 

私の毎日数分の電話で、お母さんの気持ちが穏やかになれば、旦那さんの負担も減ると考えて、付き合って1年後くらいからやってます。

 

なので、今は友達という感じです。

ため口で、日々なんてことない、いろんな話をします。

 

旦那さんのお母さん?二人目

 

もう一人は、旦那さんの実家にいる嫁さんです。

 

旦那さんの実家は、かなり物理的距離があります。新幹線を乗り継がないとならない。

 

旦那さんは、シングルファザー家庭で育ちました。

 

旦那さんが高校3年生のころ、現在の嫁さんがきたということです。

 

ただ、嫁さんはお父さんより20歳年下で、かつ子供が私たちと同い年くらいです。

(旦那さんは高齢出産で生まれました)

 

それと、嫁さんとお父さんは結婚はしていません。

 

今現在のことを考えると、私の姑は嫁さんかな?と思うのですが、、、

 

旦那さん自身も嫁さんと1年も一緒に住んだことがなく、お母さんとは思っていないらしいです(そりゃそうだ)

 

嫁さんもいい人です。大学生の時から実家に泊まりに行くと、おいしいごはんを作ってくれたり送迎したりしてくれますし。

 

ただ、あたりまえですが、嫁さんから旦那さんにも特に情がないので、全然干渉してきません。

 

また、私はお母さんではないから、、、ということでどちらの義母も干渉してこないのかもしれません。

 

小姑もいない!

 

旦那さんには、姉妹がいません。

 

兄弟もいませんが、腹違いのお兄さんに当たるという人は、母方に1人、父方に1人いるそうです。(母方のほうは私も面識有)

 

なので、全然干渉してくる人がいません。

 

旦那さん側の親戚も全くいないというか、あんまり仲が良くないそうなので、とにかくなにもありません。

 

旦那さんのお父さんだけかな。お父さんもめちゃくちゃ放任というか、いい意味で無干渉で私は好きです。

 

 

姑・小姑なし!快適な結婚生活

 

最初は、旦那さんの家庭環境が複雑なので、大丈夫なのか?と言われたこともありました。

 

ただ、姑も小姑もいない、とにかく旦那さんしかいないという感じなので、私としてはかなりイージーモードです。

 

 

自分は逆に、結びつきが強い感じなので。。。

付き合って3年目くらいまでは、そこの価値観の違いで喧嘩することがとても多かったです。

 

 

子供がうまれたとき、誰をおばあちゃんとするか問題みたいなのはありますけど、それはその時考えればいいか。(笑)

 

 

これからも適度な距離間で、物理的距離も保ちつつ、結婚生活を送っていきたいと考えています。

 

読んでいただいて、ありがとうございました!

コメントやスターいつも励みになってます☆

 

読者登録も大歓迎ですので、よかったらぜひ♪