新卒夫婦の日常

コロナで内定取り消しになった専業主婦と新卒フリーランスの旦那。夫婦2人暮らしの日常生活を綴ります。

【天然記念物】うちの甲斐犬が可愛すぎるから見てほしい

こんにちは!
アイハナ(@ai_ha_na)です´ω`)ノ

訪問ありがとうございます!


突然ですがみなさん、甲斐犬って知ってますか?


うちで飼ってた甲斐犬が、めちゃくちゃ可愛かったので、思い出としてこのブログで紹介します!(笑)

甲斐犬ってどんな犬?


甲斐犬は、秋田犬や北海道犬などと同じ、日本犬の一種です。


甲斐犬は、山梨原産のワンちゃんです。

甲斐犬の毛の種類は、3種類。「黒虎」「赤虎」「虎」


今回紹介するうちの甲斐犬は、「黒虎」だと思います。


もともとは、狩猟犬として活躍していたそうです。


なんと甲斐犬は、1934年に天然記念物に指定されています。


甲斐犬とわたしの思い出


今日は、私と愛犬であった甲斐犬くららとの思い出を、忘れないように記録したいと思います。

甲斐犬との出会い


うちで飼ってた甲斐犬、くららは、祖父の飼っていた甲斐犬からうまれました。


祖父は、私がうまれたときにはすでに甲斐犬を5匹も飼っていました。(5匹とも、もう亡くなってしまいました)


ただの番犬といっていましたが、、、本当は犬が大好きなんでしょうね(笑)


祖父の飼っていた甲斐犬の夫婦(赤虎と黒虎だった気がする。)から、また3匹の甲斐犬がうまれました。


その一匹をもらいました。


(もう3匹とも亡くなったので、途絶えてしまいました)


田舎なので、犬は番犬。外で飼うのがふつうって感じでした。



もちろんうちの甲斐犬くららも、外で飼う番犬になりました。



ここからは日記調で、くららについて書いていきます!!


うちのかわいい甲斐犬

うちで飼っていたくららは、甲斐犬の女の子。


甲斐犬のなかでも、お父さんと比べたらミニサイズ。


顔もシュッとしていて、葡萄色の目がかわいい。



f:id:aihanablog:20200821153314j:plain



わたしが小学校2年生のときに、うちにやってきた。


ちなみに、くららという名前は、当時幼稚園児だった弟が大好きだったトーマス由来。


トーマスの連れている貨車の、クララベルからとった(笑)


ハイジではなく、クララベルかいっ!


甲斐犬くららとの思い出

くららとの思い出は、やまほどある。


甲斐犬は、飼い主にしか懐かない忠犬らしい。


くららは、おてんば娘という言葉が似あうほど、元気な子だった。


散歩中、ふざけて坂道を走っていたら、猛スピードで後ろから突進されて転んだ。今も傷が残っている。


弟の野球の素振りやピッチング練習、私のラケットの素振りを、庭の小屋から毎日見守ってくれた。



家に来てすぐのころ、ごはん中に近づいたら噛まれたり。


くららが懐くまで、結構時間がかかった。


庭で一緒にバーベキューをしたり。。。


小学2年生から高校2年生まで、わたしの日常にあたりまえにいた甲斐犬くらら。


そんなくららも徐々に歳を取っていって。。。

甲斐犬くららの最期


くららはだんだん歳をとっていって、、、。9歳になったころだった。


甲斐犬の寿命は、14~16歳のはず。あと5年は生きられると思ったのに、、、。


ある日を境にだんだん様子がおかしくなっていった。


自分の排泄物を食べて、吐いちゃった日もあった。



わたしは中学、高校とハードな部活に属していた。


部活の後の夜練習もあって、家に帰るのは毎日20時すぎ。


朝も朝練や整備があって、はやくでる。


土日も休みなく、朝から日が落ちるまで。


小学生の時と比べて、くららと遊ぶ時間がほとんどなくなった。


くららが家にいるのが、当たり前だと思ってた。


そんな高校2年生のある日。


たまたま今日からテスト期間で部活がなく、14時に家についた。


こんなに明るい時間に帰ってこれるのは、久しぶり。



くららは私を見ると安心したような顔をして、クンクンとすり寄ってきた。



それから数時間後、小屋を見たらくららがいままでにみたことのないほど、ぐったりしていた。(倒れているような感じ)



そのまま目を閉じて、17時頃天国に旅立った。


いつものように、20時過ぎに帰っていたら、、、くららの最期を看取ることができなかったかもしれない。


甲斐犬くららへの後悔


もっとたくさん、遊んであげればよかった。



寒い日も暑い日も、外で一日中くさりにつながれて、辛かっただろうなぁ。



外の番犬じゃなくて、うちの中で飼いたかった。



くららは車に乗れなかったけど、小さい時から乗せて、いろんなところに一緒に行きたかった。



からしたら、人生の9年間という一部分の日常に、生きていたくらら。


くららからしたら、見たもの食べたもの遊んだことが一生のすべて。



それが一度の命だったのに。



もっと成長の写真をとっておけばよかった。



ツーショットも一枚もない。



くららは頭脳明晰で希少な甲斐犬



自分がうまれたときから、家にいた犬が5匹とも甲斐犬だったから、オーソドックスな犬だと思ってた。



甲斐犬が天然記念物の日本犬だなんて、当時の私は知らなかった。


ペットショップにもいない。


くららについて、なにも知らなかった。。。涙


甲斐犬くららありがとう


最近近所で、甲斐犬を見かけるようになりました。


それで毎日のように、くららを思い出します。


天国でゆっくり休んで欲しいです。


今日はうちの甲斐犬のくららについて、記録しておきたくて、振り返りました´ω`)ノ


まだはてなブログをはじめたばかりで、よくわかっていませんが、☆や読者登録お願いします!