新卒夫婦の日常

コロナで内定取り消しになった専業主婦と新卒フリーランスの旦那。夫婦2人暮らしの日常生活を綴ります。

ぬいぐるみを大人になっても大切にするのは病気?男性の場合も。


 こんにちは!

アイハナ(@ai_ha_na)です。

 

なんかブログにかけそうなネタないかな~と、検索キーワードを探していたところ、「ぬいぐるみ 大人 病気」のキーワードを発見!

 

ヤフー知恵袋にも、結構質問がありました。

 

今日は、夫婦でバリバリぬいぐるみ依存の私たちが、ぬいぐるみを大人になっても大事にするのは本当に病気なのか調べてみました。

 

 

ぬいぐるみ依存は病気なの?

 

ぬいぐるみ依存というのは、飾るとかではありませんよ。

 

一緒に寝る、しゃべらせる、旅先に連れて行くとかですかね。

 

完全にわたしらやん!!!!!!全部あてはまってるぞ!!!!!!!

 

旅行に行くときは、選抜メンバーを組んで連れて行きます。(笑)

 

海外旅行は、ロストバゲージが怖すぎるので、家に置いていきます。

 

1か月海外旅行にいったときは、旦那さんが万が一火事になったり地震が来た時のために、防火袋を本気で買おうとしてました。

 

調べてみると男性でも、意外とぬいぐるみを大事にする人はいるようです。

 

ガチのぬいぐるみ大好き夫婦が、大人でもぬいぐるみ依存になる心理を調べてみました。

 

また、ぬいぐるみ依存による、夫婦円満の謎の行動も見てってください。

 

ぬいぐるみ依存ってどんな状態?

 

まず依存というのは、他のものに頼って生活するということ。。。

 

依存症の種類には、いろいろありますよね。

 

ニコチン依存や、ギャンブル依存、アルコール依存症など。

 

それがないと、肉体的・精神的にくる状態でしょうか。

 

ぬいぐるみに置き換えると、ぬいぐるみに話しかけたり、寝たり、要するに家族のように。ということです。

 

わたしらですね。

 

いまうちにいるぬいぐるみは家族のようなものなので、いなくなったら泣きます。

 

洗うときは、お風呂にはいるって言いますしね。(笑)

 

ぬいぐるみは孤独をまぎらわす?

 

調べていくと、ぬいぐるみは孤独を紛らわしたり、ストレス発散のために依存になるという意見が多かったです。

 

しかし、ありがたいことに幼少期のころから家庭環境に恵まれており、母と弟が毎日一緒に遊んでくれたので孤独からぬいぐるみ依存になったとは考えにくいです。

 

弟も、ぬいぐるみが大好きでしたが、現在はもう20をすぎ恥ずかしいようなので、大事にしていたパンダたちは私が引き取りました。(笑)

 

幼少期のころから、ぬいぐるみが大好きで、いま大事にしている子たちも幼少期の頃からずっと一緒です。

 

(旦那さんと付き合ってから、動物園や旅先にて新しく何匹かお迎えしています)

 

ぬいぐるみが孤独を紛らわしてくれるのならば、すごくいいと思いますが。。。性依存とかではないですし。

 

ぬいぐるみを大事にするのは恥ずかしい?

 

最初、旦那さんと付き合いたての頃、半年以上ぬいぐるみを隠していました。

 

世間一般で考えたら、大学生でぬいぐるみを可愛がっているのは、異常かもしれないと思ったからです。

 

そんなことで嫌いになられたら困ると思い、なかなか言い出せませんでした。

 

きっかけは、ぬいぐるみタイプのティッシュケースのコリラックマ

 

「こいつ、かわいいね!!!」

 

 そこから、実は、いっぱいいてね、、、とカミングアウトしました(笑)

 

私は、ぬいぐるみを大事にすることは、恥ずかしいことではないと思っています。

 

いちいち人には言いませんし、自分がよければ、誰にも迷惑をかけていませんし。

 

めちゃくちゃかわいいですしね。ペットみたいな感覚です。

 

 塾講師をしていたときに、高校生の男の子がポケモンのエーフィーのぬいぐるみを授業中も持ち歩いていました。

 

エーフィー、めっちゃかわいいね!と言うと、嬉しそうでした。

 

人に迷惑かけてないのだから、なにも負い目に感じる必要はないと思います。勉強ちゃんとしていましたし。

 

抜け出せないぬいぐるみ依存

 

ぬいぐるみをなぜ大事にするのか。

 

わたしたちぬいぐるみ大好きマンは、もはやぬいぐるみに命がやどっているのではと考えてしまいます。(真面目に)

 

ずっと大事にしてきた子たちを、暗い棚の中にしまっておいたり、遊ばなくなったらぬいぐるみがかわいそうだと考えてしまいます。(トイストーリーみたいな感じ)

 

自分の罪悪感との闘いです。(笑)

 

本当に情があるので。

 

大事にできる範囲で、新しい子をお迎えしています。

 

ぬいぐるみに役職を決めて夫婦円満

 

ここからは、ぬいぐるみがめちゃくちゃ夫婦円満に役立っている、うちの事例を具体的に紹介します。

 

まずぬいぐるみ達に、役職を決めます。(大真面目www)

 

うちにいるのは、経済担当大臣、少子化対策大臣、健康推進委員会、精神科医、中国語教師、英語教師などです(笑)

 

何言ってんの?アホか?と思うかもしれませんが、具体的に説明します(笑)

 

f:id:aihanablog:20200825194721j:plain


まず経済担当大臣は、ビーバーのぬいぐるみ。

 

一か月の収支報告を取り仕切って、行います。

 

いくら稼いで、いくら何に使ったか、いくら貯金できたか、日頃付けている家計簿と照らし合わせて確認します。

 

 正直、お金のことって、面と向かって話し合うのが億劫です。

 

喧嘩にもなりやすいので、全部ぬいぐるみたちがしゃべっている体で、月の終わりに収支報告会議を開きます。

 

 

 精神科医担当コリラックマは、交際中にめちゃくちゃ役立ちました。(笑)

 

いろんなことのストレスで毎日爆発寸前だった旦那さんに、カウンセラーとして毎日夜に10分ほど、イライラしたことや不安なこと、楽しかったことを聞いてノートに書く時間を設けていました。

 

ぬいぐるみ相手という体なので、いろいろしゃべってくれました。

 

いまは休職中ですが、また精神的に不安定な状態だと思ったら活躍しそうです(笑)

 

中国語教師は、二人で勉強するときに教えてくれるパンダ。

 

英語教師は、オーストラリアで買ったコアラ。

 

少子化対策大臣は、だいぶオブラートに包んでいます。(笑)

 

ずっと一緒にいてかなりレスなので、ピンクのくまのぬいぐるみ(ももちゃん)が旦那に煽りをいれたりしますwww

 

それでも全く解決しないので、モモちゃんにはもっと働いてほしいですね。ww

 

 言いづらいことはぬいぐるみに代弁させる

 

わたしたちは、夫婦でぬいぐるみ大好きです。というかぬいぐるみ含め家族って感じです。(真面目に言ってますwww)

 

地味に言い合いになりそうだとか言いづらいことは、ぬいぐるみが言っているということにします(笑)

 

全部ぬいぐるみに責任転嫁。これでガチで喧嘩しませんよ。

 

例えば。

 

「ねぇ、トイレットペーパー使い過ぎ!!!ってチョコスケ(くまさん)が言ってるよ」

 

とか、逆に

 

旦那「最近足むちむちしてきたね」

わたし「誰が言ってんの?」

旦那「チョコスケ(くまさん)」

わたし「チョコスケにだけは言われたくない(フワフワのおでぶくま)」

 

めちゃめちゃくだらないですが、言いづらいことは、全部ぬいぐるみが代弁している体になるので笑っておわります。

 

 喧嘩したときも、ぬいぐるみでごめんなさいをしたら、絶対に仲直りするという約束があるのですぐ終わります。

 

ぬいぐるみが命を宿すまで、喧嘩したら、どちらかがキレて家を出ていくとかでした。

 

なのでぬいぐるみ様様。すごい威力です。

 

ぬいぐるみ依存が病気でも上等だ!

 

ぬいぐるみ依存が病気と人々がいうのなら、病気でいいよもう。

 

だって大事なんだもん。

 

きもくてもいいです。

 

頭おかしいといわれても、受け付けません(笑)

 

 

価値観は人それぞれ。みんな違ってみんないい。

 

 

そもそも迷惑かけてないから、人に言われる筋合いはない。人に言う必要もない。

 

 

私たちはこれからも、ぬいぐるみとともに生きていくし、捨てるつもりはないですし治療なんて1ミリも検討してやりませんよ。( ゚Д゚)www

 

 

子供ができたら、鍵かけた箱でも買って、こどもが寝たら夫婦で遊んでやりますよ。

 

先立たれた方は、棺桶に何匹かいれてくれと言っています(笑)

 

黒柳徹子さんが、幼少期に買ってもらったというパンダのぬいぐるみを、疎開時も持ち歩き、現在も大事に持っているのを拝見して感動しました。

 

ぬいぐるみは、わたしにとって家族です!!以上!!

 

長文失礼しました。不快な思いをされた方がいたら、スミマセン。

 

☆やブックマーク、読者登録おねがいします(#^^#)